家具を長く大切に使うためには、修理が必要になります

ブラインドの役割

古民家風インテリア

オフィスの一室には、必ずと言っていいほど設置してあるブラインドは、日差しをさえぎり、目隠しにもなり、さらに隙間を開けると目隠しをしながら外気を取り入れることのできる便利なものです。しかしその形状のため、掃除は大変しづらく、一般的には羽根の一枚一枚をぞうきんがけするほかなく、手に怪我もしやすい厄介なものでもあります。そのブラインドを専門にクリーニングしてくれる会社があるのをご存知でしょうか。一般のビルクリーニングを行っている会社であったり、ブラインドの修理も行っている、いわばブラインドのプロとも言える会社もあり、そういった会社にクリーニングを依頼することで、見違えるほどきれいになったブラインドが戻ってきます。

ブラインドのクリーニングは、一般的には一枚一枚を拭くとか、専用のスポンジで一気に何枚かを拭くくらいしか思い浮かびませんが、プロのクリーニング方法は、そのようにふきあげる方法ももちろんありますし、他には取り外したブラインドを、洗浄液の中に付けこみ、超音波で落とす機械で丸洗いする方法もあります。こちらの方法だと短時間で新品のようにきれいになり、隅々まで汚れが落ちます。またブラインドのヒモが切れていたり、部分的に破損したものも、クリーニングの際に伝えておくと、修理も可能なサービスもあります。お客様を招き入れるスペースに、備え付けられているブラインドが、ピカピカになると、それだけで自慢の会社になります。